覚えておきたい美白の定義について、美白とは何?

透き通るようなキレイな素肌は、女性にとって目指すべく憧れの素肌ですが、そもそも美白とはどういうものなのかと聞かれたら、それぞれ思うところは違うようです。
シミやそばかすのない肌を美白と呼ぶ人もいれば、色白の肌にすることを美白と呼ぶ人もいますが、実は美白は法律上で定義されているのです。

 

美白には定義があった

「メラニンの生成を抑制し、シミやくすみを防ぐこと。」
これが、法律上でいうところの美白の定義です。
法律上というのは、厚生労働省の定義する美白に対する概念で、美白に効果的と言って販売するには、この定義に基づいた根拠と審査が必要です。
審査に合格した商品は、医薬部外品という登録を済ませ、美白に効果のある商品として販売しても良いことになるのです。
医薬部外品は、医薬品と化粧品のちょうど中間を意味していて、効果効能や有効成分を表記して販売することのできる商品です。

 

そもそも美白と呼ばれるようになった訳

美白という言葉は、もともとあったものではなく、90年代に化粧品メーカーが作った造語です。
今では、誰もが当たり前のように美白という言葉を普通に使っていますが、美白は、古い言葉ではなく最近になって広く使われるようになった言葉というのは驚きです。

 

私たちの求める美白とは

美白には法律上の定義があったり、美白ということば自体がそれほど古いものではないということには驚きですが、実際に私たちが求める美白とはどういうものでしょうか。
美白になりたいという美白は、人によって様々で、透明感のある素肌になりたいという人もいれば、シミやそばかすをなくしたり、できないように予防することを美白と呼ぶ人もいます。
その他にも、日焼けした小麦色の肌ではなく、色白のキレイな素肌のことを美白と思っている人もいるなど、美白とひとことで言っても美白に対する思いには大きな違いがあるので自分の求める美白に適したケアをしていくことが大切です。

 

≫≫人気の美白サプリメントおすすめはこちら